広告配信システム「DropIn」利用規約(ダウンロード)

 

スモールメディア(以下「当社」といいます)は、当社が運営する広告配信システム「DropIn(ドロップイン)」(以下「本システム」といい、第2条にて定義します。)の利用の申込みをした者向けに、本規約および「DropInサービス概要資料」(以下、サービス概要資料といい、第2条にて定義します。)に基づき、本システムを提供します。本規約とサービス概要資料を総称して、以下「本規約等」といいます。本システムを利用るすべての利用者(以下「利用者」といい、第2条にて定義します。)は、本規約等を遵守することをあらかじめ承諾するものとします。

 

1条(定義)

1.   本システム」とは、当社が提供する広告配信サービス「DropIn(ドロップイン)」のことをいいます。尚、利用者は本システムを、当社作成のサービス概要資料(本条にて定義します。)に定めるすべてのサービス内容の範囲でご利用できるものとします。

2.   「利用者」とは、個人、法人またはその他の団体を問わず、本システムにおいて広告配信される広告を出稿するため、本規約等を遵守することに同意して、当社との間で本システムの利用に関する広告掲載契約(本条にて定義します。)を締結する広告主または代理店もしくは販売店をいいます。 一次利用者(本条にて定義します。)および二次利用者(本条にて定義します。)の双方を含みます。

3.   「一次利用者」とは、利用者の中でも、特に二次利用者(本条にて定義します。)のアカウント作成・停止・変更の権限を持つ利用者をいいます。

4.   「二次利用者」とは、一次利用者により作成されたアカウントを用い本システムを利用する利用者をいいます。

5.   「広告掲載契約」とは、本規約等に基づき、利用者と当社との間に成立する本システムへの個別の広告掲載を目的とする契約をいいます。広告掲載契約は、利用者が本システム上で行う広告の購入手続きが完了した時点で成立・締結したものとします。

6.   「サービス概要資料」とは、社ウェブサイト上に掲載される本システムのサービス概要、操作手順、広告掲載方法、広告掲載ガイドラインその他の利用条件を定める全ての資料をいいます。サービス概要資料は、本規約と同様に広告掲載契約に適用されるものとします。

7.   「広告内容」とは、本システムにおいて利用者が入稿し、配信および表示される広告のテキスト文章、画像、リンク先のURLをいいます。

8.    「利用者サイト」とは、本システムにおいて広告配信された利用者の広告表示からリンクされるよう、利用者が指定したウェブサイトをいいます。

9.    「掲載先」とは、広告掲載契約により指定された広告枠を提供する、予約システム「楽マチ」の該当店舗もしくは該当店舗専用のウェブサイトを管理運営する個人または法人をいいます。

10.     「ユーザー」とは、使用端末機器を問わず、インターネットその他の通信手段を通じてウェブサイトやアプリケーションを利用する者をいいます。

 

2条(本システムの利用)

1.    利用者は、本システムの利用を開始するにあたって、当社所定の手続きに従い本規約等に同意した上で、利用者登録を完了するものとします。尚、利用者は、利用者登録完了と同時に付与される利用者IDおよびパスワードを利用して、本システムにアクセスするものとします。

2.    利用者は、本システムにアクセスし、これを使用するにあたり、以下に定める事項を遵守するものとします。

(1)   システムおよびこれに関連するID、パスワードを使用するための一切の情報は、利用者の責任において適切に使用、管理し、別途 利用者が本システムを用いて広告掲載およびアカウントの設定、管理、確認を行う権限を付与した者にのみ使用させること。なお、利用者は、当該権限を付与した者について、氏名、所在、連絡先、権限付与期間、在職期間などを適切に管理し、当該管理の状況を記録のうえ広告掲載契約期間中保存するものとします。

(2)   当社の定める使用方法および使用目的以外で、本システムを使用しないこと

(3)   システムの正常な作動を妨げたり、妨げようと試みないこと(虚偽の情報を入力する場合などを含みます)

(4)   システムをリバースエンジニアリングしたり、改変、変更する行為、または本システムに含まれる知的財産権、その他一切の権利を侵害する行為をしないこと

(5)   自動化されたソフトウェア等の手段(当社が提供したツール等を除く)を用いて本システムを使用しないこと

3.    利用者は、システム上の利用者専用の管理画面から、当社所定の手続きにより広告の入稿、購入、修正、配信状況の確認等行うことができます。利用者は、善良なる管理者の注意義務をもってシステムを操作し、社は、利用者が行うシステムの使用または使用不能により利用者または第三者(第1条に定める「掲載先」を含み、以下同様とします)にいかなる損害が発生した場合でも、一切責任を負わないものとします。

4.    広告掲載契約成立後のご契約内容の変更はできません。

5.    利用者が利用者登録において当社に届け出た情報に変更が生じる場合、利用者は登録情報を所定の手続きにより直ちに変更するものとします。

 

3条(入稿・審査)

1.    社は、社所定の事前審査により本システムの提供を不適切と認める場合、本システムのサービス提供をお断りすることがあります。

2.    社は、広告配信開始後であっても、広告内容および利用者サイトが当システムにおいて配信するにあたり不適切であると判断した場合には、速やかにその旨を利用者に通知し、広告内容の変更を依頼すること、または広告の配信を停止することができるものとします。但し、社は、緊急やむを得ない場合には広告の配信停止につき、利用者に事後速やかに通知することで足りるものとします。

3.    社は、前二項の規定に起因して、債務不履行責任、損害賠償責任等の一切の法的責任を負わないものとします。また、社は、利用者の広告を配信しないことを決定した場合でも、その内容および根拠を開示する義務を負わないものとします。

4.    利用者は、当システムの利用にあたり社に提供された広告内容の情報については、個人情報を含み、当該広告内容の情報の掲載・配信のために使用され、不特定多数の第三者に閲覧されることを承諾するものとします。利用者は、個人情報に該当する情報を提供する場合には、予め当該使用につき本人の同意を得た上で提供するものとします。

5.    利用者は、コンピュータウイルス等、当システムの運営にとって有害なコンピュータプログラム等を入稿、使用、または頒布してはならないものとします。

6.    利用者は、当システムの利用の目的に適合しない、または社会通念上相当といえない態様であると当社が判断する入稿をしないものとします。

 

4条(広告掲載)

1.    広告掲載期間は、広告掲載契約で設定された掲載開始日から掲載期間終了日までとします。

2.    社は、利用者へ社所定の各種広告配信情報を報告します。利用者は、社の報告するクリック数を正当な回数とみなし、当該報告結果に一切異議を申し立てないものとします。

 

5条(代理)

一次利用者は一次利用者が作成したアカウントを用い、本システムを利用する二次利用者に関し、一切の責任を負担するものとし、次に定める事項を保証するものとします。

(1)      一次利用者が広告を掲載する二次利用者から授権されており、二次利用者を本契約に従わせること

(2)      第三者から当社に対し、二次利用者が入稿した広告内容または本システムを使用または不使用の結果に起因して損害を被ったという請求がなされた場合は、一次利用者は、自身の責任および 負担において解決すること

 

6条(料金)

1.       利用者は、入札により決定した本システム利用料金を、社がサービス概要資料にて指定する支払い方法により支払うものとします。尚、当該利用料金に係る消費税は利用者が負担るものとします。

2.       利用者がお支払いになられた利用料は、理由のいかんに関らず一切返還できませんのでご注意ください。

3.       利用料金に対する請求書、領収書等は発行いたしかねます。

4.       社にて利用料金の入金確認ができなかった場合、理由の如何を問わず当システムの広告配信を停止させていただく場合があります。

5.      利用者が広告掲載契約に定める支払期限までに当システムの利用料金を支払うことができない場合、当社に対し年14.6%の率で計算した遅延利息を支払うものとします。

 

7条(当社の責任)

当社は、当システムにつき利用継続に係る不備を発見した場合、速やかにこれを調査し必要な処置を講じるものとします。

 

8条(広告内容の保証)

利用者は、広告内容および利用者サイトに関し、一切の責任を負担するものとし、次に定める事項を保証するものとします。

(1)  広告内容および利用者サイトが第三者の著作権、産業財産権、パブリシティ権、プライバシー権その他一切の権利を侵害していないことおよび第三者の権利のすべてにつき権利処理が完了していること

(2)  広告内容および利用者サイトが薬事法、不当景品類及び不当表示防止法その他一切の関連法令に抵触していないこと

(3)  広告内容や利用者サイトが利用者によって適切に管理されており、当社が広告掲載契約を履行するにあたり支障が生じないこと

(4)  広告内容および利用者サイトが正確かつ最新の記載であり、かつユーザーに混乱を生じさせたり、コンピュータウイルスや虚偽の内容を含んだり、相互に無関係な内容となっていたりしないこと

(5)  広告内容が、利用者サイトの内容、目的、テーマと明確かつ直接的な関連性があること、その他当社の定めるガイドライン、運用方針に抵触していないこと

(6)  広告内容と利用者サイトがデッドリンクとなっていないこと

(7)  広告内容または利用者サイトの内容が公序良俗に反し、または第三者を誹謗中傷したり、名誉を毀損する内容を含まないこと

(8)  前各号のほか、広告内容、形式または利用者サイトが当社の定める広告掲載ガイドライン、またはこれらに付帯する規則、ガイドライン等(以下総称して「掲載ガイドライン等」)に抵触していないこと

 

9条(利用者の責務)

1.      利用者が広告内容を本システムに入稿する場合には、サービス概要資料で指定する形式・形態で行うものとします。また、利用者が入稿済の広告内容を変更、修正する場合も同様とします。

2.      第三者から当社に対し、広告内容に起因して損害を被ったという請求がなされた場合は、利用者は、自身の責任および 負担において解決するものとします。ただし、当該損害が当社の責に帰すべき事由に起因する場合はこの限りではありません。

 

10条(免責)

1.   本システムの利用に関連して、本システム内の登録情報または配信情報等の記録が滅失または毀損したとしても、社はいかなる責任も負わないものとします。

2.   停電・通信回線の事故・天災等の不可抗力、通信事業者の提供する役務の不履行、インターネット通信回線の不具合、サーバー等のシステム上の不具合、緊急メンテナンスの発生、その他社の責めに帰すことのできない事由により本システムの提供が不可能となった場合、社は予告無くサービスを停止す ることができます。また、社の広告配信システムの保守点検および更新を定期的に行う場合、運用上あるいは技術上、社が本システムの提供の停止が必要であると判断した場合には、事前告知の上サービスを停止することができます。

3.   本システムの利用に伴い、本規約上の免責事由等、社の責に帰すことができない理由で利用者または第三者が被った損害については、その原因のいかんによらず、社はいかなる賠償責任も負わないものとします。また、利用者の本システムの利用に伴い、社と第三者との間で問い合わせ、苦情、紛争等が生じた場合には、利用者が当該第三者と対応し、社を免責せしめるとともに社が被った損害を賠償するものとします。

4.   本規約に基づき社が利用者に対し債務不履行責任または損害賠償責任を負う場合には、社の賠償額は利用者が社に支払った本システムの利用料金を上限とします。

5.   社は、社が提供する地図情報について、その正確性・完全性・特定の目的に対する適合性のいかなる保証もしないものとします。

6.   社は、宣伝・広告を目的として、利用者が本システムを利用している事実を公表することがあります。

7.    社は、本システムの提供および運営に必要な業務の一部を社の責任で第三者に委託する場合があります。この場合、社は本規約に定める事項を遵守するために必要な措置を講じるものとします。

 

11条(権利帰属)

1.    利用者が入稿した広告の著作権は、利用者または当該広告の著作権保有者に留保されます。

2.    利用者は、社が、利用者から提供された広告内容の情報を、社が提供する媒体または社が提携するウェブサービスその他の媒体において、当該広告内容の情報を掲載・配信する目的で無償利用することを許諾するものとします。この場合、社は利用者が入稿した時点で、当該目的に必要な範囲内で 広告内容の情報を使用、複製、公衆送信、第三者への使用許諾その他の必要な処理を成す権利を付与されるものとし、利用者または当該著作物の著作者は著作者人格権を行使しないものとします。

 

12条(契約の解除)

1.   社は、利用者が次の各号のいずれかに該当した場合には、何らの催告なしに直ちに広告掲載契約を解約することができるものとします。
(1)本規約等の条項に違反し、社の相当期間を定めた催告にも拘らず、当該期間内に是正されないとき
(2)手形交換所の取引停止処分を受けたとき
(3)仮差押命令、差押命令、仮処分または競売の申立てがあったとき、または租税公課の滞納処分を受けたとき
(4)支払停止があったとき
(5)破産、特別清算開始、民事再生手続開始、または会社更生手続開始の申立てがあったとき
(6)解散または営業の全部または重要な一部を第三者に譲渡しようとしたとき
(7)重大な背信行為があったと

)利用者の登録情報に虚偽の事実が認められたときまたは利用者が社に届け出た連絡先との連絡が取れないとき
システムを構成するシステムに過大な負荷または重大な支障を与える態様で本システムを利用した場合
10本システムまたは本規約等に対する不正アクセス、クラッキング、情報の改ざん、書込みなど不正な使用方法により本システムの運営を妨げる行為を行ったとき
11)支払期限までに社にて利用料金支払の確認ができなかったとき
12)未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかの利用者が、法定代理人の必要な同意を得ずに本システムを利用した場合
13)前各号のほか本契約の履行が困難と認められるとき

2.   前項による広告掲載契約の解約は、利用者に対する社の損害賠償請求を妨げないものとします。

3.    当社は本規約等の有効期間中といえども、1ヶ月前に利用者様へ通知することにより、本システムのサービス提供を終了することができます。

 

13条(文書による連絡)

利用者が当社に対して連絡が必要であると判断した場合には、それぞれ該当する窓口宛にメール、郵便を用いた文書で連絡を行うものとし、全ての連絡は文書によるものとします。

 

14条(守秘義務)

1.   利用者は、本システムの利用により知りえた社の営業上、技術上の情報を守秘し、第三者に開示しないものとします。本条の規定は、広告掲載契約終了後も尚有効に存続するものとします。

2.    本条に定める守秘義務は次の場合には適用しません。
(1)公知の情報もしくは利用者様の責めに帰すべき事由によらずして公知となった情報
(2)第三者から適法に取得した情報
(3)開示の時点で保有していた情報
(4)法令、政府機関、裁判所の命令により開示が義務付けられた情報

 

15条(法令の遵守)

当社および利用者は、法令を遵守するものとします。利用者は、広告内容の掲載にあたり、公序良俗、その他法令、官公庁の公表するガイドライン、業界団体の自主規制、慣習(以下「法令等」)を遵守するものとし、法令等違反が原因で当社に損害が生じた場合、これを賠償すると共に、当社に警察等から要請があった場合、捜査に協力するものとします。

 

16条(運営者の変更)

運営者の変更がなされた場合、本規約等の契約及び債権債務の全ては新運営者に引き継がれるものとし、利用者はかかる地位の承諾を予め異義なく承諾するものとします。

 

17条(契約条件の変更)

当社は本規約等を変更することができるものとし、当社は事前にインターネット上の当社の運営するサイトにおいて告知するものとします。また、利用者の権利内容に大幅な変更を加える契約条件の変更についても、利用者が本規約等変更後に本システムを利用した場合、当社は当該利用者が本規約等の変更を承認したものとみなします。

 

18条(印紙税等)

当社が別途提供する有料サービス等に関する印紙税等は、利用者と当社が折半の上これを負担するものとします。利用者は負担すべき金額を当社に支払うものとし、利用者の負担すべき印紙税額と当社が負担すべき印紙税額を併せた上で、当社が印紙税等を納付するものとします。

 

19条(協議事項)

本規約等に定めのない事項および本規約等の各条項の解釈について疑議が生じた場合は、利用者および当社は、互いに誠意をもって協議し解決するものとします。

 

20条(管轄)

1.    利用者と社との間で、本規約等に関し万一紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を専属的管轄裁判所とします。

2.    本規約等の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。

 

21条(個別条件)

本システムの利用に関し、利用者と当社が、本規約等のほかに別途契約書等の書面を交わしている場合には、当該契約書の定めが本規約等の定めに優先するものとします。

 

以上

 

附 則

本規約等は 2009121日から実施します